コロナでさらに縮小する葬儀・家族葬

コロナ渦で急増する密葬の需要

コロナ渦で急増する密葬の需要の写真

葬儀をするなら市川市の家族葬で人気の葬儀社グランドセレモニーにご依頼ください
https://www.grandsougisya.co.jp/ichikawa.html

密葬という言葉が一般的になってきていますが、どのようなお葬式なのか具体的に答えを出せる人は多くはありません。以前は密葬という言葉から、親しい親族だけで秘密裏に行われる葬儀という印象がありましたが、最近では密葬という言葉の響きから、狭い場所に人が集まって三密の状態で行う葬儀と勘違いしている人もいるかもしれません。密葬とは、仕事関係者や近所の人には知らせず、親族や故人と非常に親しかった人だけに知らせる葬儀のことをいいます。密葬であっても家族葬であっても、ごく親しい人だけがその人のことを送るという意味では類似しています。

何らかの理由で葬儀の日程が取れない場合や、遠方での葬儀になる場合は、密葬だけではなく、別の葬儀を行うのが一般的です。コロナ渦における新しい葬儀として、自宅葬の新しいスタイルである「STAY HOME 葬」が選択されることもあります。密葬の本来の目的は、多くの人を招かずに少人数で静かに心のこもった葬儀を行うことです。

密葬のメリットは、家族や故人に近い人だけが参列するため、葬儀の形に固執せず、故人や家族の希望を柔軟に表現できることです。

コロナ渦では、三密を回避した少人数の長所が見直されています。会葬者の人数やスケジュールを小規模化しながら、故人をきちんとお見送りできるという点が、新しいライフスタイルに対応した新しい葬儀の形として評価されています。様々なスタイルがある密葬ですが、採用される形や規模によって金額も大きく異なります。費用の相場を調べるには、葬儀社に密葬の目的や条件を伝えて見積もりを依頼するのが一番の方法です。