コロナでさらに縮小する葬儀・家族葬

コロナの時代の葬儀

コロナの時代の葬儀の写真

葬儀をするなら市川市の家族葬で人気の葬儀社グランドセレモニーにご依頼ください
https://www.grandsougisya.co.jp/ichikawa.html

コロナが始まってだいぶ時間が経ち、葬儀を小さくする、という傾向が強まりました。でも、少しずつ「きちんとした葬儀を行い、後悔のない葬儀をする」という風潮になってきています。人が亡くなったら、葬儀をしないという選択肢はありません。葬儀には、親戚や知人が参列しにやってきます。特に親戚は、葬儀後の法要に出席することになっており、何度も長距離を行き来するリスクがあります。一方で、葬儀に参列できなかった友人の中には、自宅にお焼香をしに来てくれる人もいるかもしれません。そうなると、ご家族はいつまでも喪主との付き合いを余儀なくされることになります。こうした状況を冷静に見てみると、規模を小さくするよりも、しっかりとした葬儀をして、誰もが納得のいくお別れをした方が良いと考えるようになった人もいます。最近急増しているのは、友人を招いて集いを大切にしながらも、三密に配慮した葬儀です。やはり、後から何度も人と会うよりも、きちんとしたコロナ対策をした上で集う方が安心できます。北区の葬儀で評判の葬儀社では、これらをはじめとする最新のトレンドを経験豊富なスタッフがご案内してくれます。お気軽にご相談ください。お電話でのご相談も可能です。郵送でのお見積りなども承っております。