コロナでさらに縮小する葬儀・家族葬

葬儀のIT化

葬儀のIT化の写真

葬儀をするなら市川市の家族葬で人気の葬儀社グランドセレモニーにご依頼ください
https://www.grandsougisya.co.jp/ichikawa.html

葬儀や法要ではITの活用が進んでいます。

最近フォーカスされているのは、遠方の親類にお葬式の動画を放送することです。映像を見ながら親族が涙を拭いながら故人を悼むシーンがあったと言われています。日本で初めて、一人暮らしや跡継ぎのいない人が入れる大衆墓を建てたことで知られるお寺では、スマホアプリの動画サービスを利用して葬儀の様子を中継しているそうです。

最初の事例では、故人の息子さんが都心に住んでいたため、葬儀に参列することを躊躇していたが、動画配信での葬儀を提案したところ、喜んでくれたといいます。動画が流れ、ご遺族同士がお互いの表情を見ることができるようになったことで、会話も弾み、幸せな葬儀になりました。個人を見送りたいという意思が伝わることで、遺族も参列者もみんなを幸福な気持ちにできる道具と言えるでしょう。

コロナの流行を受けて、葬儀や法要などのあり方にも変化が見られるようになりました。葬儀場はいわゆる三密が発生しやすい空間であるため、家族や親しい友人を最小限にして葬儀を行う場合や、儀式を大幅に簡略化して行う場合もありますが、そのような場合には、葬儀場を利用した葬儀を行うことで、より多くの人が参加できるようになります。